BLOG

ブログ

2017年11月7日| イベント

長野市のカラオケ教室始まる「デビューコースとスターコース 」の企画

先月、歌とピアノのレッスン生の皆様による音楽発表会「音は友達みんなのライブ」を
終えました。私が音楽指導を始めて10年。当初からずっとボイトレを続けてこられた方も、昨年新しく入学された方も、皆様それぞれが活き活きとご自分の音楽表現をする、音楽で交流し合う、輝けるシーンの連続。

楽器やバンドのサポートもある生演奏の音楽会は、まさに「ライブ」で、鑑賞の方も含めて会場全員が一体となって空間を創り上げようとする意識でひとつになる。
皆様のおかげで、「みんなのライブ」は、年を重ねるごとにどんどん進化して素敵な空間として成長を遂げていきます。

「来年はこの曲をこんなふうに演奏したい・・」と、早くもイメージを私に伝えてくれる方もあり嬉しい限りです。

「生徒さんが音楽に向き合う気持ち」に感動して、私はお役に立てることの喜びを知ります。

しかし、この「音楽に向き合う」ことは、実は簡単なことではなくいろいろな条件が必要になります。音楽を聴く時間、歌う時間、覚える時間、レッスンに通う時間、場所的条件、生活の環境、体調、モチベーション・・。

そして歌の場合は、元になる「声そのもの」

今年4月に長野県カルチャーで新しく「あなたのためのボイストレーニング」講座を開始し、半年が経ちました。

この講座は「普段の話し声が小さい、枯れやすい、歌が好きなのに声が出ない若返りや言語リハビリの滑舌や呼吸法、様々な声の悩みを解消する」という個人レッスンですが、30分の枠がいつも満杯の上キャンセル待ちも出ています。

日常から発声筋をほとんど使っていない方が多いので、「発声をするための筋肉の使い方の要領をお伝えする、身体の中の気付きにアプローチする」ということが中心ですが、声帯を伸縮させるために、歌を歌うことも有効なトレーニングとしておすすめしています。

「声が出にくい方々なので、歌には抵抗を示されるかも・・」と思いきや、ほとんどの方が「実はカラオケで歌えるところまでいきたいと思っています。」とおっしゃるのです。

カラオケのデビューは、「はじめはご家族と、次に御友達と少人数で試していただいて・・。」と私からも提案するのですが、それでもハードルが高いと感じていらっしゃる方が多い現状を知りました。

これを受けて、当教室では長野市のカラオケボックスで実際に行う「カラオケ・デビューコース」のレッスンイベントを企画する運びとなりました。

マイクの持ち方、ノリ方(直立不動ではおかしいし、ノリ過ぎても浮いてしまいますし、その辺の動き方)、その他の留意事項(ご自分の歌以外の時間に、お隣の方とお話をし過ぎて声を枯らしてしまわないように)などなど、実地で体験していただけたらカラオケのスタートが切れると思います。

カラオケに慣れているボーカルの生徒さんからも、以前からカラオケボックスでのレッスンのご希望がありますので、慣れた方には「スター歌手のように聴き映えのする歌い方」を目指す「カラオケ・スターコース」としてレッスンを行えるようにしていきます。
また、皆様の交流を兼ねて「カラオケとお食事の会」なども計画予定です。
ずっと歌ってみたいと思っていた歌を歌いましょう!
そして、ずっとやってみたいと思っていたことに、トライして楽しくいきましょう!!
当教室のレッスンが、皆様にとって楽しい日々のきっかけになれたら嬉しいです。